海外のFXの噂嘘本当

いくつか海外FXの特徴やメリットを説明します

gi7687国内と海外の違いについて考えてみると、まず特徴として一番に挙げられるのは「レバレッジの高さ」です。レバレッジはFXにおいて最強の武器であり、これをうまく活用することがFXで利益を上げるために必要なことです。日本国内だと25倍が限度とされます。

これは法律によって決められていることですからどこの会社も25倍になっていると思いますが、海外FXにはその法律はかかりませんからほとんど無制限にレバレッジをかけることが出来ます。最高で1000倍です。もちろんリスクも跳ね上がりますから初めから1000倍にして運用することがあり得ませんし、きちんとリスクを理解している人はそのような高レバレッジはかけませんがそれでも国内25倍に比べると魅力的であることが分かります。

二つ目の特徴がクレジットカード送金です。国内FX会社の場合、送金は銀行からの振り込みが大半です。手数料はほとんどかかりませんが、海外の場合は送金するだけでも2000円以上も取られることがあります。これで思うように運用できません。

しかし、クレジットカードで送金することが来ますからその間の手数料は無料です。先にもいたようにクレジットカードはグローバル化された会社ですから海外FX会社ならば大抵は取り扱っています。このクレジットカード送金を利用すれば国内のようにスムーズに取引ができるのです。もちろんクレジットカードですから使いすぎには要注意ですし、際限がなくなるリスクもあります。

ロスカットの速さも特徴として挙げられます。FXは海外で発達したものですから特にアメリカやイギリスなどは早くからFXのリスクに関して様々な対処をしてきました。そのリスクの一つが急激な値動きにより、ロスカット不足が起こることがあります。

これは仕方がない事ですが利用者にとっては気になりますから会社側も対処して今ではかなりの確率でロスカットを行えるようになりました。一朝一夕で良し悪しは語れませんが、FXの本場は海外ですからそこで経験を積んできた会社が海外FX会社なのです。