海外のFXの噂嘘本当

いくつか海外FXの特徴やメリットを説明します

gi7687国内と海外の違いについて考えてみると、まず特徴として一番に挙げられるのは「レバレッジの高さ」です。レバレッジはFXにおいて最強の武器であり、これをうまく活用することがFXで利益を上げるために必要なことです。日本国内だと25倍が限度とされます。

これは法律によって決められていることですからどこの会社も25倍になっていると思いますが、海外FXにはその法律はかかりませんからほとんど無制限にレバレッジをかけることが出来ます。最高で1000倍です。もちろんリスクも跳ね上がりますから初めから1000倍にして運用することがあり得ませんし、きちんとリスクを理解している人はそのような高レバレッジはかけませんがそれでも国内25倍に比べると魅力的であることが分かります。

二つ目の特徴がクレジットカード送金です。国内FX会社の場合、送金は銀行からの振り込みが大半です。手数料はほとんどかかりませんが、海外の場合は送金するだけでも2000円以上も取られることがあります。これで思うように運用できません。

しかし、クレジットカードで送金することが来ますからその間の手数料は無料です。先にもいたようにクレジットカードはグローバル化された会社ですから海外FX会社ならば大抵は取り扱っています。このクレジットカード送金を利用すれば国内のようにスムーズに取引ができるのです。もちろんクレジットカードですから使いすぎには要注意ですし、際限がなくなるリスクもあります。

ロスカットの速さも特徴として挙げられます。FXは海外で発達したものですから特にアメリカやイギリスなどは早くからFXのリスクに関して様々な対処をしてきました。そのリスクの一つが急激な値動きにより、ロスカット不足が起こることがあります。

これは仕方がない事ですが利用者にとっては気になりますから会社側も対処して今ではかなりの確率でロスカットを行えるようになりました。一朝一夕で良し悪しは語れませんが、FXの本場は海外ですからそこで経験を積んできた会社が海外FX会社なのです。

先物取引について説明します。

先物取引ってなんかアヤシイって思っている方が多数いると思いますが、実際には先物取引は株式投資や外国為替を利用したFX投資とそんなに変わらない投資方法なんです。

株式投資は株式を購入し、株式相場の価格の変動によって利益・損失を出します。同じように先物取引では株式ではなく商品(金や小豆、トウモロコシ等)を買って、その商品相場の価格の変動によって利益を・損失を出します(商品を買ったからと言って実際にその商品が送られてくるわけではありません、あくまで取引上のことです)。株式と同じように普通の新聞にも商品相場の欄があるので探して見て下さい。

またFX投資ではレバレッジを活かして投資金の何倍もの取引を行います。これと同じように先物取引もレバレッジを活かした投資方法なのです。

例えば、先物取引で「金(カネではなくキン、ゴールドの方です)」を扱ってみるとしましょう。
現在の「金」の相場は1g1,000円です(実際には違いますが分かりやすくするためです)。
「金」は1キロ単位で購入するのですが、実際に購入すると100万円もかかってしまいます。ですが、先ほど話したように先物取引はレバレッジを使用しますので(これを証拠金制度といいます)、実際には約6万程(これを証拠金といいます)で購入する事が出来ます。

もし、この「金」が数日後の相場で1g1,050円になっていてその時に売ったとしましょう。
この場合1,050円(売った値段)-1,000円(買った値段)=50円(利益)です。
そしてさらにこの利益は1g当たりの利益ですので、実際には1キロ購入していて売却したのですから、50円×1,000倍(1キロは1gの1,000倍)=50,000円の利益になります。
ということは約6万円の投資で5万円の利益を生み出した事になるのです。
今度はもし相場が下がったしまったとしましょう。1,000円で購入したが数日後には960円になってしまいました。
この場合は現在の状況では960-1,000=-40円、-40円×1000倍=-40,000円になっています。

この時点で諦めて売ってしまえば、40,000円の損失になります。
また相場があがるかもしれないから諦めきれない場合には、追加証拠金を入金する事になります。簡単にいうと追加担保金といったところでしょうか。

相場が下がり、現時点で証拠金の半分以上のマイナスの場合、追加証拠金として証拠金の半額を追加しなければなりません。この場合現時点で-40,000円で証拠金60,000円の半分を超えてしまっているので60,000円の半分の30,000円を入金すれば売らなくて済みます。
その後、予想通り相場が上昇すれば追加証拠金は不必要となり、返還されます。

この追加証拠金制度をよく理解していない人ほど先物取引はアヤシイとなるわけです。
すごく簡単に説明してしまいましたが、基本は『買った値段よりあがれば儲かるし、下がれば損する』といった万国共通の事なのです。

ですから、ポートフォリオの一環で先物取引を行うのも良いですし、一発ドカンと当てたいと考えている方にも良いでしょう。
ただし、これは投資です。リスクがある事をしっかり理解した上で実施して下さい。